わきが多汗症

2009年6月19日 16:11 | コメント(0) | トラックバック(0)

わきが多汗症とは、酸っぱい臭いがわきから発生する症状のことです。このわきが多汗症は病気でも異常でもなく、そういうわきが多汗症の体質なのです。わきが多汗症は、遺伝による要因が大きいようです。
わきが多汗症はどのように起こるのかというと、アポクリン汗腺とエクリン汗腺から汗が
出ていて、その汗とわきの皮膚の雑菌が混ざって酸っぱい臭いが発生します。

わきが多汗症の人は汗をかく量がとても多いため、臭いが出やすくなってしまうのです。
わきが多汗症である場合、そのわきが多汗症の臭いを消す為にはシャワーなどを浴びれば皮膚の雑菌が洗い流されることになるため臭いがなくなります。
しかし、、それも一時的なものでまた再び汗をかき、わきの皮膚の雑菌と混ざってしまうことによりわきが多汗症による臭いは発生してしまうことになります。

わきが多汗症の人の多汗症と汗かきの人の違いはどのようなところにあるのでしょうか。
汗かきとは人より多く汗をかくということです。この汗かきの場合は、運動をしているなど汗をかいて体温調節が必要な時にたくさん汗をかくことが汗かきです。
しかし、わきが多汗症の人の多汗症とは運動などをしているわけではないのに汗がたくさん出てしまう人のことをいいます。
単なる多汗症なだけであれば臭いを発することはありませんが、多汗症の人ではしばしば皮膚の雑菌と汗が混ざりやすくなってしまうため、わきが多汗症となってしまう場合があるのです。

このような、わきが多汗症ですが、最初に言ったとおり、病気や異常ではありません。
しかしながら、やはり気になるのがわきが多汗症の臭いなどです。
根本的に治療をするためには、手術が必要になりますが、軽いわきが多汗症の人であれば、いろいろ工夫をすることにより、症状を抑えることもできる場合もあります。

また、わきが多汗症はもちろん遺伝的な要素もありますが、精神的なストレスからもわきが多汗症の症状が出てくる場合もあります。
わきが多汗症の体質の人は、自分から臭いがしていないかどうかを必要以上に気にしすぎることにより、精神的なストレスとなってしまい余計にわきが多汗症の症状を重くしてしまうこともあります。
病気や異常ではありませんが、自分が必要以上に気にしてしまい、それがストレスになってしまったり、対人恐怖症などになってしまう恐れがある場合には様々な治療方法があるので、専門家に相談をするなどすると良いでしょう。

 

 無料ブログを使ってアドセンスで稼ぐ!片手間で簡単な儲け方
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

わきが症状
わきがの症状の大きなものといえば、やはりわきからの臭いです。わきがは、腋臭と漢字で書く通り、わきからの酸っぱい臭いが特徴です。
わきが再発
わきがの手術にも色々な手術方法があります。手術方法によっては、わきがの再発が起こってしまう可能性もゼロではないようです。
わきがクリーム
わきがの対策として、いろいろなものが出ています。その中にわきがクリームというものがあります。このわきがクリームとは一体どのようなクリームのことをいうのでしょう。
わきが原因
このわきがの原因となるアポクリン汗腺の量が多ければ多いほど、わきがの臭いの強さも強くなってきます。また、わきがの原因となるアポクリン汗腺の量だけではなく、そのひとつひとつの汗腺の大きさも、わきがの強さに関わってきます。
わきが遺伝
自分の子供にわきがの遺伝が起こったかどうかは、実際にアポクリン汗腺が発達してくる思春期にならないとハッキリとはわからないことになります。
わきがチェック
わきがのチェックの方法のひとつめは、耳あかの状態からのチェック方法です。耳あかの状態が軟らかいかどうかで、わきがのチェックをすることができます。
子供わきが
子供のわきがの治療自体は、小学生くらいから行うことができるので、親がきちんと子供のわきがについて考えてあげることが大切だといえます。
わきが予防
わきが予防として、まず大切なのが「わきのしたを清潔に保つようにする」ことです。わきがは、わきの下の雑菌と汗が混ざりあって症状がでます。そのため、わきが予防としてわきの下を清潔に保つ努力をすれば、わきがの症状をおさえることができるわけです。
わきが対策
適度に清潔にすることをこころがけ、食事などにも気を使い毎日を楽しく過ごしてストレスを発散することも、わきが対策のひとつといえます。
わきが多汗症
わきが多汗症はもちろん遺伝的な要素もありますが、精神的なストレスからもわきが多汗症の症状が出てくる場合もあります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mt3.dt10.net/mt-tb.cgi/139

コメントする

カテゴリ

月別アーカイブ

このサイトを購読する